仮想通貨(暗号資産)積立を完全自動化する方法

ビットポイントからLedger Nano SへXRPを送金する方法

ビットポイント ビットポイント

9月30日にビットポイントの仮想通貨送金が再開されました。

7月のハッキング事件以来ビットポイントに約1万XRPほど幽閉されていたのですが、このたびハードウェアウォレットのLedger Nano Sのアドレスに無事送金することができました。

自分以外にもビットポイントからLedger Nano SにXRPを退避させたい方がいるかと思いますので、やり方を書いておきます。

手順はとても簡単で以下の2ステップになります。

ビットポイントからLedger Nano SへのXRPの送金方法
  • ステップ1
    Ledger Nano SのXRPアドレスを確認
  • ステップ2
    ビットポイントでXRPの送金

*今回の記事では、主にLedger Nano Sをすでに持っている方を想定してます

Ledger LiveでLedger Nano SのXRPアドレスを確認

まずは、パソコンにUSBケーブルでLedger Nano Sを接続します。

次に送付先となるLedger Nano Sのアドレスを確認するため、管理ツールであるLedger Liveを起動します。

Ledger Liveアイコン

 

XRPを受け取りたいので、Ledger Liveのメニューから「Receive」を選択します。

Ledger Live Receive

 

XRPを受け取るアカウントを選択します。

アカウント選択

 

「Open the XRP app on your device」と表示されるので、Ledger Nano S本体を操作しXRPのアプリを開きます。

open the xrp app on your device

Ledger Nano SでXRPアプリを開くとチェックが入り次に進めます。

XRPアプリを開くと

 

Ledger Nano S本体で受け取り用のアドレスを確認します。問題なければチェックマークの右ボタンを押します。

verify address

 

XRPの受け取り用アドレスが表示されます。COPYをクリックしクリップボードにXRPのアドレスをコピーします。

ledger nano s アドレス

 

ビットポイントからXRPを送付

Ledger Nano SのXRPアドレスを確認したら、ビットポイントからXRPを送金します。

ビットポイントにログイン後、入出金・振替→仮想通貨送受金→送金(送付)を選択します。

ビットポイント送金メニュー選択

 

送付する仮想通貨としてXRPを選択します。

XRPを選択

 

送付先アドレスに、コピーしたLedger Nano Sのアドレスを入力し、送金額に送金したいXRPの数量を入力します。宛先タグは入力しなくて大丈夫です。

送金額の入力

あとはGoogle Authenticatorアプリで表示されている番号を認証番号に入力し、取引暗証番号を入力して確認画面をクリックします。

 

送金確認画面が表示されるので問題なければ執行ボタンをクリックします。

送金確認画面

 

送金完了画面が表示されるのでOKボタンを押して終了です。

送金完了画面

あとはビットポイントがXRPを送金してくれるのを待ちます。

送金できたかの確認は「入出金・振替」→「仮想通貨送受金」→「送受金履歴」から確認できます。

送金履歴の確認

送金履歴の確認

自分の場合、10月2日の22時前に送金指示した後、Ledger Nano Sに着金したのが翌日10月3日の18時すぎでした。すぐに着金するわけではないのでゆっくり待ちましょう。

*XRPの送金指示したのは10月2日だったのですが、上の送受金履歴を見てもらうとわかるように10月3日が依頼日となっていました。どうやら営業時間外だと依頼日が翌日になる?ようです。また、Ledger Nano Sのアドレスで10月3日にXRPを受け取ったのですが、こちらもビットポイントの送受金日は10月4日になっていたのでこちらもラグ?があるようです。

 

送金する際のポイントとしては、はじめから全額送るのではなく少額からテストしたほうが安全です。少額で送金できるのを確認してから大きい額を送金しましょう。

今回はすでに有効化したLedger Nano SのXRPアドレスに送金しましたが、はじめてLedger Nano SへXRPを送金する場合はアドレス有効化のため21XRP以上をはじめに送金してください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました