仮想通貨(暗号資産)積立を完全自動化する方法

ビットポイントのSmart APIの利用申請方法

bitpoint ビットポイント

この記事では、ビットポイント(BITPoint)のSmart APIの利用申請手順を解説します。

APIの利用申請は、パソコンのWebブラウザからビットポイントのサイトにログインして行います。

 

 

1. 口座管理→Smart APIキー管理をクリック

Smart APIキー管理

2. ご利用お手続きは”こちら”のURLリンクをクリック

API利用手続きリンク

3. Smart API利用規約を一読し、「利用規約に同意し、申請する」ボタンをクリック

API利用規約

4. Smart API利用申請完了

API利用申請完了

 

5. 口座管理→各種申込状況→口座・サービス利用状況を確認するとSmart APIが申請中に

API利用申請許可待ち

状況が申請中になってから、私の場合は約1日でAPIの利用申請が許可されました。

 

6.利用許可がおりた後、口座管理→Smart API管理より、APIキーの発行ボタンをクリック

APIキーの発行

7.APIキーの発行画面が表示されます

APIキーの発行画面1

 

8.ラベルにAPIの利用目的を入力し、目的に応じてAPIの権限のチェックを入力します

APIキーの発行画面2

私の場合は、XRPの自動積立にAPIを使うので、権限の現物取引、取引照会、残高照会にチェックを入れています。

あと、APIの有効期限も設定できるので、利用期間を決めている方は設定してもよいと思います。私の場合は、当面の間利用していく予定なので有効期限を設定するのチェックをはずしています。

設定できたら、確認画面のボタンをクリックします。

固定のIPアドレスから利用する予定の方はIP制限を有効にするにチェックを入れ、IPアドレスを入力しておきましょう。

 

9.APIキーの発行確認画面になるので、Google認証の認証番号を入力し執行ボタンをクリック

APIキーの発行の執行

 

10.APIのシークレットを確認するため表示ボタンをクリック

APIキーの発行の終了

11.APIキーとシークレットを確認できたら終了です

APIシークレットの確認

 

APIキーとシークレットを利用することで、ビットポイント外部のプログラムからビットポイントの機能を利用できます。

つまりこれでプログラムを使ったビットポイントでの仮想通貨の自動売買や自動積立ができるようになりました。

悪用されることがないように、APIキーやシークレットは誰でもアクセスできるようなところには置かないようにしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました