仮想通貨(暗号資産)積立を完全自動化する方法

SBIVCの手数料は高いか他取引所と比較してみた

SBIVC手数料アイキャッチSBIVC

この記事ではSBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)の手数料を他取引所と比較検証しています。

SBIVCの手数料

SBIVCの各種手数料を表にまとめてみました↓

入金手数料(日本円)住信SBIネット銀行無料
出金手数料(日本円)住信SBIネット銀行50円
上記銀行以外160円(3万円未満)
250円(3万円以上)
取引手数料無料
送金手数料(仮想通貨)7200円~

SBIVCの手数料のうち、住信SBIネット銀行を利用することで入金手数料は無料、出金手数料は出金額に関わらず50円で引き出せます。

仮想通貨の売買にかかる取引手数料については無料です。どれだけ取引しても手数料はかかりません。

仮想通貨の送金(入出金)手数料についてですが、SBIVCは仮想通貨を送金するために一度SBIから貸し出されるCool X Walletというハードウェアウォレットに送る必要があり、その利用料が2年で7200円かかります。

そのため、最低で7200円かかり、それプラスCool X Walletからの送金手数料がかかります。

SBIVCのハードウェアウォレットはCool X Wallet
SBIVCのハードウェアウォレットであるCool X Walletについて解説しています。CoolWallet Sがベースとなっていること、対応通貨なども説明しています。

 

 

XRPの手数料を比較

XRPを例に、主要な取引所とSBIVCの手数料を比較してみました。

 銀行SBIVCビットバンクビットポイント
入金手数料(日本円)
住信SBI無料無料無料
SBI以外お客様負担お客様負担
出金手数料(日本円)住信SBI50円540円お客様負担

(振込手数料分)

住信SBI以外

(3万円未満)

160円
住信SBI以外

(3万円以上)

250円756円
売買手数料(XRP)無料売:-0.05%
買:0.15%
無料
出金手数料(XRP)7200円~0.15XRP無料

この表から、XRPを購入するのにどの取引所の手数料が一番お得なの?という疑問に答えると、目的別に以下の取引所がお得です。

 

  • XRPを購入しそのまま保管したいSBIVC
  • XRPを購入後出金しハードウェアウォレットで保管したいビットポイント

SBIVCは仮想通貨を出金するためにハードウェアウォレットの費用がかかることから、出金するつもりのない方むけだと思います。

日本円の入出金は一番お得なことから、XRPを購入し利益確定するまで保管しておく取引所としてSBIVCは最適だと思います。

 

一方、Ledger Nano Sなどのハードウェアウォレットへ送金してXRPを保管したいという方は、無料でXRPを送金できるビットポイントが一番お得だと思います。

 

 

SBIVCはどんな販売所?特徴・メリット・デメリットを解説!
SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)がどんな仮想通貨交換所なのか気になる方にむけて、特徴やメリット・デメリットを解説しています。
SBIVC
この記事を書いた人
りもる

地方住みの30代サラリーマン(Webエンジニア)。うつ病経験2回あり。現在は働いていますがまた再発するかもしれないので、なるべく早く経済的自由を手に入れたいと思い仮想通貨投資をはじめました。主にXRPに投資しています。100万円以上運用中。仮想通貨投資歴は約2年です。
詳しいプロフィールはこちら
仮想通貨積立投資の運用実績公開中

Twitterやっています!
運用資産
Twitterやっています!
仮想通貨で生存戦略

コメント

タイトルとURLをコピーしました