仮想通貨(暗号資産)積立を完全自動化する方法

SBIVCのスプレッドは広いか他販売所と比較してみた

SBIVCのスプレッドアイキャッチSBIVC

こんにちは、りもるです。

今回はSBIVCのスプレッドが他の販売所に比べてどうなのか、気になる方に向けて比較記事を書いてみました。

 

仮想通貨のスプレッドとは?

まずスプレッド(Spread)がなんなのかわからない方のためにスプレッドについて説明します。

スプレッドというのは仮想通貨販売所における「購入価格と売却価格の差」のことです。

スプレッド

 

例えば、ある時点の販売所が提示する1BTCの買値が75万円で、売値が70万円だとします。その場合、75ー70=5で5万円がスプレッドになります。このスプレッドが狭いほうが売却したときの利益が出やすいです。

どういうことかと言うと、もし1BTCを75万円で購入し、その後価格が上昇し77万円になった場合、上昇の2万円が利益になりますが、もしスプレッドが狭く73万円で購入しその後1BTCの売却価格が77万円になったとします。その場合77万円-73万円=4万円で利益が4万円になります。

このようにスプレッドが狭いほうが利益が出やすいです。

中・長期投資の方はそこまでスプレッドを気にしなくてもよいかもしれませんが、短期でトレードする方に影響が大きく気になる要素です。

 

SBIホールディングス公式資料でのスプレッド比較

SBIホールディングスの2019年3月期第1四半期(2018年4月~2018年6月末)決算説明会資料に、SBIVCと他販売所のスプレッド比較表がありました。

SBIVCスプレッド比較表

出典:2019年3月期第1四半期SBIホールディングス株式会社決算説明会プレゼンテーション資料

この資料によるとXRP、BCH、BTCのいずれもSBIVCのスプレッドが最小とのことでした。

 

SBIVCのスプレッドを他販売所と比較

実際にSBIVCのスプレッドが一番狭いか気になったので比較検証してみることにしました。

XRPのスプレッド

まずXRPのスプレッドです。コインチェックは現在XRPの売買を停止しているため、SBIVCを含む3つの販売所を比較してみました。

 

▼SBIVC

sbivcでのXRPスプレッド

 

▼GMOコイン

GMOコインでのXRPスプレッド

 

▼DMM bitcoin

DMM bitcoinでのXRPスプレッド

2018年8月22日22時頃のXRPのスプレッドの比較結果です。

SBIVCGMOコインDMM bitcoin
XRPスプレッド1.4円3.762円1.6円
XRP買値39.0円39.500円39.203円

SBIVCの公式資料の通り、SBIVCのスプレッドが一番狭いことが分かりました。2番目はDMM bitcoin、3番目はGMOコインでした。XRPの買値についても同順で安いことがわかりました。

BCHのスプレッド

次にBCHのスプレッドを比較してみます。

▼SBIVC

SBIVC_BCHスプレッド

 

▼bitflyer

bitflyer_BCHスプレッド

▼GMOコイン

GMO_BCHスプレッド

▼DMM Bitcoin

DMM_BCHスプレッド

2018年8月27日22時頃のBCHのスプレッドの比較結果です。

SBIVCbitflyerGMOコインDMM bitcoin
BCHスプレッド1,099円4,344円4,082円2,600円
BCH買値58,971円61,852円60,356円59,567円

BCHでもXRPと同様にSBIVCが一番スプレッドが狭いことが分かりました。2番目はDMM bitcoin、3番目はGMOコインで、4番目がbitflyerでした。BCHの買値についても同じような順で安いことがわかりました。

BTCのスプレッド

最後にBTCのスプレッドを比較してみます。

▼SBIVC

sbivcビットコインスプレッド

▼bitflyer

bitflyerビットコインスプレッド

 

▼GMOコイン

gmoビットコインスプレッド

 

▼Zaif

zaifビットコインスプレッド

▼DMM bitcoin

dmmビットコインスプレッド

▼Fisco

fiscoビットコインスプレッド

2018年9月2日22時頃のBTCのスプレッドの比較結果です。

SBIVCbitflyerGMOコインZaifDMM bitcoinFISCO
BTCスプレッド15,688円19,343円16,702円32,454円19,000円32,316円
BTC買値813,163円811,449円811,624円820,678円817,912円820,412円

BTCでもXRP・BCHと同様にSBIVCが一番スプレッドが狭いことが分かりました。2番目はGMOコイン、3番目はDMM bitcoin、4番目はbitflyerで、5番目がFISCOで、6番目がZaifでした。

BTCの買値については、bitflyerが一番安かったです。

 

スプレッドの検証結果

SBIVCのスプレッドは、XRP、BCH、BTCに関して他販売所と比較して一番狭いことがわかりました。

また買値について、XRPとBCHに関してはSBIVCが一番安く、BTCに関してはbitflyerが一番安いことが分かりました。

 

【追記】*ただし、価格急騰時などは一時的にスプレッドが広くなることがあります。


FXなどでもレートが急激に変化した場合にスプレッドが広がるのと同様に、仮想通貨の急騰でも一時的にスプレッドが広がる傾向がありそうです。

通常時はスプレッドが狭いので大丈夫ですが、急騰時に買いたいという場合は注意したほうがよいかもしれません。

スプレッドはさらに縮小する可能性あり

現段階でもSBIVCのスプレッドは販売所として一番狭いのですが、さらにそのスプレッドが縮小する可能性があります。

SBIVCスプレッド今後についての資料

SBIFX・SBI証券のスプレッド事例

出典:2019年3月期第1四半期決算説明会プレゼンテーション資料(PDF)

上記は、2018年7月31日に開催されたSBIホールディングスの2019年3月期第1四半期決算説明会の資料なのですが、スプレッドの縮小について言及があります。

SBIがこれまでFXのスプレッドや株式手数料で業界No.1を実現してきたように、SBIバーチャルカレンシーズでも最狭水準のスプレッドを提供するとのこと。

決算説明会での代表取締役執行役員社長北尾氏のスプレッド関連の発言(1:12:46あたりから)↓

SBIVCのスプレッドを最小にできる根拠として、SBIクリプトによるマイニングによりBCH(ビットコインキャッシュ)が安く手に入ること、リップル社の株式10%保有によるXRPの有利な価格での仕入れを実現できる可能性があるとの説明がありました。(↑動画の1:24:24あたりから)

ripple社連携SBIクリプトマイニングによるスプレッド最狭化

出典:2019年3月期第1四半期決算説明会プレゼンテーション資料(PDF)

BTCに関しては言及がなかったのでわかりませんが、少なくともXRPとBCHに関しては今後ともSBIVCが業界最狭のスプレッドを提供してくれそうです。

 

・SBIVCで仮想通貨の送金が可能かについて説明しています

>>>SBIVCで仮想通貨の送金(入出金)が可能に

・SBIVCは10分あればスマホから簡単に登録できます

>>>SBIVCの口座開設・登録方法【スマホで10分!超簡単申し込み】

 

SBIVCはどんな販売所?特徴・メリット・デメリットを解説!
SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)がどんな仮想通貨交換所なのか気になる方にむけて、特徴やメリット・デメリットを解説しています。
SBIVC
この記事を書いた人
りもる

地方住みの30代サラリーマン(Webエンジニア)。うつ病経験2回あり。現在は働いていますがまた再発するかもしれないので、なるべく早く経済的自由を手に入れたいと思い仮想通貨投資をはじめました。主にXRPに投資しています。100万円以上運用中。仮想通貨投資歴は約2年です。
詳しいプロフィールはこちら
仮想通貨積立投資の運用実績公開中

Twitterやっています!
運用資産
Twitterやっています!
仮想通貨で生存戦略

コメント

タイトルとURLをコピーしました