仮想通貨(暗号資産)積立を完全自動化する方法

LiquiでSRNが上場廃止に

LiquiでSRNが上場廃止にアイキャッチSRN

2018年10月20日にウクライナの取引所であるLiquiから、SRN(SIRIN LABS Token)含む12銘柄を10月27日に上場廃止するとアナウンスがありました。

なぜ12銘柄が上場廃止されるかについては特にアナウンスされていません。

 

SRN(SIRIN LABS Token)上場取引所まとめ
SRN(SIRIN LABS Token)の仮想通貨取引所への上場情報を時系列順にまとめてみました。また、どの取引所にSRNが上場したかを誰よりも早く知る方法を紹介しています。
仮想通貨SRN(SIRIN LABS Token)とは?高騰すると考える3つの理由
仮想通貨SRN(SIRIN LABS Token) とはどんなトークンなのか?2018年から価格が高騰すると考える理由は何なのかを説明した記事です。SRNって何?具体的に何に使われるの?など、SRNに興味がある人向けに解説しました。

いつまでにSRNをLiquiから引き出す必要があるのか

基本的に上場廃止される2018年10月27日までにSRNを引き出しておきましょう。

上場廃止された後も15日以内はLiquiからSRNを引き出せるようですが、15日すぎると引き出しができなくなるようです。

上場廃止が10月27日で、15日以内なので11月11日までには必ず引き出しておきましょう。

SRNがLiquiから上場廃止

>>Liqui to delist 12 assets on October 27, 2018

 

引き出し先としては、マイイーサウォレットやメタマスクなどのイーサリアムウォレットがSRNに対応しているのでそれらに送金すれば良いと思います。

ただし、どちらも事前にカスタムトークンとしてSRNを登録しておく必要があるので、登録していない場合は事前に登録しておきましょう。

 

SRN(SIRIN LABS Token)対応のウォレットは?
SRN(SIRIN LABS Token)ホルダーや購入を検討している方のために、SRNに対応しているウォレットを紹介しています。

 

【追記】Liquiが上場廃止後、引き出されていないトークンを売却しているという悪い噂が流れてきました。。。Liquiに何か資産を預けている方は、今後こういうことがないとも限らないので引きだしておいたほうが安全だと思います。

 

LiquiのSRNの残高については以下からわかります。

2019年1月1日時点だと69万SRNはまだ残っていました。

引き出し期限以後も送金されている痕跡があるので、期限までに引き出せなかった方もダメもとで問い合わせてみると対応してくれるかもしれません。

Liqui問い合わせフォーム

 

Liquiに登録・口座開設すべきでない理由
ウクライナの取引所であるLiquiに登録、口座開設すべきでない理由を書きました。Liquiへの登録、口座開設を検討している方の参考になればと思います。
SRN
この記事を書いた人
りもる

地方住みの30代サラリーマン(Webエンジニア)。うつ病経験2回あり。現在は働いていますがまた再発するかもしれないので、なるべく早く経済的自由を手に入れたいと思い仮想通貨投資をはじめました。主にXRPに投資しています。100万円以上運用中。仮想通貨投資歴は約2年です。
詳しいプロフィールはこちら
仮想通貨積立投資の運用実績公開中

Twitterやっています!
運用資産
Twitterやっています!
仮想通貨で生存戦略

コメント

タイトルとURLをコピーしました