仮想通貨(暗号資産)積立を完全自動化する方法

メタマスク(METAMASK)にトークンを追加する方法

METAMASKメタマスク

イーサリアムウォレットであるMETAMASKには、ERC20準拠のトークンを保管することができます。ただ、保管のためには事前にMETAMASKにトークンを追加しておく必要があります。今回はそのトークンの追加方法を書いてみたいと思います。

 

トークン名称で追加できるか確認

まずはMETAMASKの「トークンを追加」ボタンをクリックします。

METAMASKへのトークン追加

次に、Search Tokensに追加したいトークン名称を入力します。今回は追加したいトークンとしてBLZ(Bluzelle)を入力してみました。

追加したいトークンを検索

トークン名称を入力すると下に候補となるトークンが表示されます。今回は残念ですが追加したいBLZトークンが候補に表示されませんでした。

 

そのような場合はCustom Tokenからトークンを追加します。

Custom Tokenからトークンの追加

カスタムトークンよりトークンを追加

トークンアドレスの項目に、追加したいトークンのコントラクトアドレスを入力します。各トークンのコントラクトアドレスは、EtherscanEthplorerで検索窓にトークン名称を入力して検索すれば調べることができます。今回はBLZのコントラクトアドレスを知りたいので、BLZと入力して検索しました。

etherscanでコントラクトアドレスを調べる

Eherscanですと、ERC20 Contractというのがコントラクトアドレスになります。このアドレスをコピーしてMETAMASKのトークンアドレスに入力します。

METAMASKへのコントラクトアドレス入力

トークンアドレスの項目にコピーしたコントラクトアドレスを入力すると、自動的にトークンシンボルと小数点桁数が表示されます。あとは「次へ」ボタンを押せばMETAMASKへのトークン追加は終了です。

METAMASKへのトークン追加完了

このような感じで、METAMASKに簡単にERC20準拠のトークンを追加することができました。あとは、METAMASKのアドレスへBLZトークンを送ったりすることで、保有数に反映されます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました