仮想通貨(暗号資産)積立を完全自動化する方法

TREZOR Model TでERC20トークンを保管する方法

TREZOR Model TでERC20トークンを保管する方法TREZOR

この記事ではTREZOR Model TでERC20トークンを保管したい方に向けて保管方法を解説します。

TREZOR Model TでのERC20トークンの保管方法

TREZOR Model TでのERC20トークンの保管方法は大きくわけて以下の2つです。

  1. ベータ版TREZORイーサリアムウォレットで保管
  2. MyEtherWalletと連携して保管

これまでは、2のMyEtherWalletを利用する方法しかなかったのですが、2018年12月4日よりTREZOR純正のベータ版ウォレットでもERC20トークンを扱えるようになりました。

今回の記事では、ベータ版ウォレットを使う方法とMyEtherWalletを使う方法を画面キャプチャーつきで手順を解説していきます。

 

*保管したい仮想通貨がERC20トークンか分からない場合は以下のリンクから確認してみてください。

>>Supported coins & tokens

ベータ版TREZORイーサリアムウォレットで保管する方法

まずはTREZOR Model Tをパソコンに接続し、Trezor Walletへアクセス後、Ethereum(ETH)を選択します。

TREZORウォレットにてETH選択

 

ベータ版Trezorイーサリアムウォレットを使うため、Trezor Ethereum Walletを選択します。

Trezor ethereum walletを選択

 

Trezorに保管したいERC20トークンのシンボルで検索します。今回は例としてERC20トークンのBLZと入力しました。すると正式な名称のBluezelleと表示されるのでクリックで選択します。

ERC20トークンの検索

 

ウォレットに保管したいERC20トークンが追加されました。

ERC20トークン追加完了

 

次に、Trezorのイーサリアムウォレットへ送金するため、ウォレットのイーサリアムアドレスを確認します。

Receive(受信)タブを選択し、送金を受け取るアドレスを表示します。

アドレスは全部表示されていないので「Show full address」をクリックします。

受け取りethアドレスの確認

 

イーサリアムアドレスが表示されます。Trezor Model T本体のスクリーンにも同じアドレスが表示されるので同じかチェックします。

Trezor本体にてアドレスチェック

問題なければスクリーンのチェックボタンを押します。そうするとアドレスがコピーできるようになるのでクリップボードにコピーします。

ethアドレスをコピー

あとは、ERC20トークンを送信したいウォレットから、Trezor Model Tのウォレットのアドレスへ送金します。

ERC20トークンを送信

↑メタマスクからTrezorのイーサリアムウォレットへ送金する様子。送信先にクリップボードにコピーしたTrezorのアドレスをペースト。

 

着金し、ウォレットのERC20トークンに送金した数量が表示されれば終了です。

ERC20トークンの受け取りを確認

これでTrezorのイーサリアムウォレットでERC20トークンを保管することができました。

 

MyEtherWalletと連携して保管する方法

こちらもTREZORのイーサリアムウォレットを使う場合と同様に、TREZOR Model Tをパソコンに接続した状態でTrezor WalletへアクセスしEthereum(ETH)を選択します。

TREZORウォレットにてETH選択

MyEtherWalletを利用したいので、「MyEhterWalletへ移動」を選択します。

myetherwallet選択

 

MyEtherWalletのページに飛んだ後は、TREZORとMyEtherWalletを接続するため、TREZORを選択し、「TREZORに接続する」ボタンをクリックします。

MyetherwalletからTrezor接続

接続を許可するか確認されるので、「Allow once for this session(このセッションのため1度だけ許可)」を選択します。

trezor接続許可

public key(公開鍵)をエクスポートするか確認されるので、「Export」をクリックします。

export public key

HD derivation pathの選択画面にて、m/44’/60’/0’/0を選択します。

HD derivation path選択

TrezorにはETHアドレスが5つ用意されているので、利用したいアドレスを選択しウォレットを解錠します。

使用ETHアドレス選択

 

MyEtherWalletへ移動するので、TREZOR Model Tで保管したいERC20トークンをウォレットに追加します。「カスタムトークンを追加」をクリック。

カスタムトークン追加

 

コントラクトアドレス(トークン契約アドレス)、トークンシンボル、桁数を入力します。分からない場合は、Etherscanなどを確認しましょう。

カスタムトークン追加設定

 

例として、SIRIN LABS Token(SRN)をウォレットに追加したい場合を考えると、トークン契約アドレス(Contract)⇒0x68d57c9a1c35f63e2c83ee8e49a64e9d70528d25、桁数(Decimals)⇒18となります。

コントラクトアドレス確認

 

追加したいERC20トークンの情報を入力できたら保存します。

トークン追加設定

 

あとは、ERC20トークンを送信したいウォレットから、TREZOR Model Tのウォレットへ送信します。

ERC20トークンを送信

 

MyEtherWalletにて、ERC20トークンの到着を確認できれば終了です。これでTREZORでERC20を保管できました。

ERC20トークン到着を確認

 

どちらの保管方法が簡単か

2つのやり方を試してみた結果、簡単なのはベータ版のTrezorイーサリアムウォレットだと感じました。

理由は手順が少ないこと、MyEtherWalletを使う場合と比べてページ遷移が少ないためです。

ふだんTREZOR Model TをMyEtherWalletと連携して使っているという方もベータ版ウォレットのほうが簡単なのでぜひ試してみてください。

 

TREZOR(トレザー) Model Tを使ってみた感想【レビュー】
Trezor Model Tの購入を検討している方にむけて、自分が購入してみてどうだったかを書きました。Trezor Model Tを購入しようと思ったきっかけや、選んだ理由、どこで購入すればお得か、実際に使ってみてどうだったか、どういう人におすすめなのかなど、解説しています。
TREZOR(トレザー)を最安値で購入する方法
TREZOR (トレザー) を購入したい方にむけて、TREZOR(トレザー)を最安値で購入する方法を紹介します。この記事を読むことで、どこで買えば一番安くTREZORが手に入るのかがわかります。
TREZOR
この記事を書いた人
りもる

地方住みの30代サラリーマン(Webエンジニア)。うつ病経験2回あり。現在は働いていますがまた再発するかもしれないので、なるべく早く経済的自由を手に入れたいと思い仮想通貨投資をはじめました。主にXRPに投資しています。100万円以上運用中。仮想通貨投資歴は約2年です。
詳しいプロフィールはこちら
仮想通貨積立投資の運用実績公開中

Twitterやっています!
運用資産
Twitterやっています!
仮想通貨で生存戦略

コメント

タイトルとURLをコピーしました