仮想通貨(暗号資産)積立を完全自動化する方法

Trezor(トレザー) Model Tの初期設定方法【図解】

Trezor Model Tの初期設定方法アイキャッチTREZOR

この記事では、ハードウェアウォレットTrezor Model Tの初期設定方法を解説しています。

Trezor Model Tをパソコンに接続

Trezor Model TのUSBケーブル接続部にホログラムシールが貼ってあるのでまずはがします。

Trezorホログラムシール

けっこう強力に貼ってあるのでかなりはがしにくいです。はがした時にかなりの確率でシールが残りますが、こすってはがせばきれいになります。

シールをはがせたら、Trezorとパソコンを付属のUSBケーブルで接続します。

trezor.io/startにブラウザでアクセス

初期設定をするためtrezorのWebサイトにアクセスします。

>>trezor.io/start

Trezor Model Tを選択

Trezor Model Tを選択し、Trezor Beta Walletへアクセスします。

trezor walletサイト

パソコンにTrezor Brigdeをインストール

TrezorとChromeなどのインターネットブラウザを接続するため、Trezor Bridgeをパソコンにインストールします。ウォレットページにダウンロードページへのリンクがあるのでクリックします。

trezor bridgeリンク

 

利用しているパソコンのOSを選択し、ダウンロードボタンをクリックします。

trezor bridgeインストール

 

Trezor Bridgeのインストール実行ファイルがダウンロードされるので実行します。

trezor bridge設定ファイル

 

インストールフォルダを選択し、Installボタンをクリック

trezor bridgeインストールボタン

trezor bridgeインストール完了

インストールできたか確認します。できていればバージョン情報が表示されます。

trezor bridgeインストール完了確認

 

Trezorにファームウェアをインストール

Trezor Beta Walletで、「デバイスを確認」ボタンをクリックするとポップアップが表示されるのでTREZORを選択し、接続ボタンをクリックします。

Trezorへ接続

 

Trezorへのファームウェアインストール画面になるので、「ファームウェアをインストール」ボタンをクリックします。

Trezorファームウェアインストール

 

ファームウェアのインストールが完了するまで待ちます。

ファームウェアインストール完了

新規ウォレットの作成

Trezorの新規ウォレットを作成します。

新規ウォレットを作成

 

Trezor Model T本体での設定に移ります。

Trezor本体での操作へ移行

 

Do you really want to create a new wallet?(本当に新しいウォレットを作りたいですか?)と表示されているので、右のチェックボタンをタップします。

Trezor本体でのウォレット作成

 

バックアップをしてください!と表示されるので、TrezorのWebサイトでの設定に戻ります。

バックアップをしてくださいの表示

ウォレットに進む

 

バックアップの作成

バックアップを作成するため、「3分でバックアップを作成します。」ボタンをクリック

trezorバックアップ作成

 

リカバリーシードをデジタルでコピーすべきでないことを理解して次に進みます。

trezorバックアップの作成

 

Trezor本体でもバックアップのリカバリーシードをコピーしてはいけないこと、オンラインにアップしてはいけないことの注意が表示されます。理解したら「I understand」をタップします。

trezorバックアップyourseed

 

リカバリーシードが12個表示されるので、付属のリカバリーシードの記入用紙に12個書き留めます。

リカバリーシード表示

 

12個ワードを書き留めたら、「Hold to confirm」をタップします。

リカバリーシードの確認

 

リカバリーシードの確認画面になるので、Trezorの指示に合わせて、n番目のワードをタップ入力します。例えば、次の画面だと5th wordと表示されているので5番目に書き留めたワードを入力します。

リカバリーシードの確認入力

 

リカバリーシードの入力例↓

ワード入力

 

リカバリーシードの入力を間違えた場合は、以下のようなエラーが表示されます。

入力ワードを間違えた場合

 

2回リカバリーシードを入力確認できればバックアップの作成完了です。

バックアップ完了

 

デバイスに名前をつける

次にデバイスに名前をつけます。サンプルから名前を選ぶか、自分で入力して名前をつけます。

trezorの名前付け

つけた名前がTrezorのタッチ画面に表示されればOKです。

Trezorラベル変更

デバイスに名前付け完了

 

PINロックを設定

Trezor本体でPINロックを設定します。

PINの入力

PINの設定開始

 

4桁~8桁でPINコードを設定して右下のチェックボタンをタップすれば完了です。

PINの入力

PIN設定完了

 

あとは、TrezorからのニュースレターやSNSアカウントの紹介があるので、情報を受け取りたい場合は登録したりフォローしたりしてください。

ニュースレター

フォローボタン

これでTrezorの初期設定は完了です。

Trezor初期設定完了

 

TREZOR(トレザー) Model Tを使ってみた感想【レビュー】
Trezor Model Tの購入を検討している方にむけて、自分が購入してみてどうだったかを書きました。Trezor Model Tを購入しようと思ったきっかけや、選んだ理由、どこで購入すればお得か、実際に使ってみてどうだったか、どういう人におすすめなのかなど、解説しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました